孫夫人(孫尚香)


このエントリーをはてなブックマークに追加

孫夫人(孫尚香)

 

 

生没年:?~?

 

所属:呉(蜀)

 

生まれ:揚州呉郡富春県?

 

 

 

 

孫夫人(ソンフジン)、または孫尚香(ソンショウコウ)。あるいは演義だと孫仁(ソンジン)なんて名前もありましたか。

 

一般的には孫尚香という名前で日本では親しまれている人物ですが、実際に本名は知られておらず、単純に孫夫人というのが正史での呼称になっています。

 

 

吉川英治氏の三国志をはじめいろんな媒体では、弓を常に腰にかけていることから弓腰姫(キュウヨウキ)などと呼ばれる事もありますが……実際の孫夫人もとんでもない女傑、下手すると完全なDQNでした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

劉備の!妻でも!屈しません!

 

 

 

孫夫人の夫である劉備(リュウビ)は彼女の兄・孫権(ソンケン)と同盟関係にあり、お互い仲良く肩を寄せ合っては料理に毒を盛り、握手する手に画鋲を仕込むような……言ってしまえば、お互いにとって油断のならない同盟相手でした。

 

まあ実際に料理に毒を仕込んだり刃物を仕込んだりというのはあくまで例え話なのですが、それでも外交の場でお互いの国や人材を公然とディスり合う等、表向き親密な同盟関係とは裏腹に大変ギスギスしたやり取りが日常茶飯事だったのです。

 

 

孫夫人は、そんな状況下で孫権が送り込んだ劉備への刺客。同盟関係をより親密なものにする一方で、どうにもそれだけでないような印象があります。

 

 

というのもこの孫夫人、劉備と会う時はいつも下女の100人余りを扉の前で武装待機させ、その上で劉備との会話だったり夜伽なんかに応じたのです。

 

後述する孫夫人の性格もまあ理由としてありますが……この応対は明らかに夫どころか、ただの味方として接するものかも怪しいところ。

 

 

当然劉備はこんな対応をされては常に神経を研ぎ澄まして臨戦態勢をとるしかなく、いつもビクビクしていたとのことです。

 

この話は諸葛亮(ショカツリョウ)も後に言及しており、法正(ホウセイ)の身勝手を告訴された時、告訴した部下に以下のように語っています。

 

 

「北に曹操(ソウソウ)、東に孫権、内部に孫夫人。劉備将軍はこれだけの驚異に囲まれていたところを、法正はしっかりと補佐して立派な国主に押し上げてくれたのだ。そんな人物が多少身勝手を働いたところで、何を咎めることができる」

 

 

……孫権はまだわかります。が、そんな脅威の存在から嫁いできた相手とは言え、妻が敵対勢力に匹敵する脅威というのは、さすがにどうなのか。

 

 

ちなみに孫夫人が兄と夫の同盟関係の本質を知っていたのかどうかは知りませんが、『趙雲別伝』によれば孫夫人の生活態度はぶっちゃけ悪く、兄が孫権なのをいいことに連れてきた部下ともども法律を無視して好き勝手していたそうな。

 

部下も好き勝手やって同盟国に多大に迷惑をかけていた辺り、さすがにわざとな気もしますが……ともあれ、これに耐えかねた劉備は厳格な趙雲(チョウウン)を孫夫人のお目付け役に任命。

 

 

策謀か天然かはわかりませんが、孫夫人は見事に蜀の名将を一人、実質的な行動不能に追いやったのでした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

帰る時もタダでは済まさん!

 

 

 

まあ趙雲別伝にある極端な驕慢さはどうなのかわかりませんが……ともあれ、そんなギスギスした同盟国間のギスギス結婚生活が長続きするはずもありません。

 

結局ギスギスした仲は取り持つことができず、最後には劉備と別れて呉に帰ることになったのです。

 

 

『漢晋春秋』および『趙雲別伝』には、その孫尚香の離婚に関する逸話が書かれています。

 

劉備が益州(エキシュウ)平定を終えたことで、孫夫人は劉備との短い結婚()生活にピリオドを打ちますが、やはり離婚の際にもタダでは済ませる人物ではありませんでした。

 

 

なんと呉に帰還する際、劉備の皇太子である劉禅(リュウゼン)を連れて出立

 

確認ですが、劉禅の母親は甘夫人。間違っても孫夫人ではなく、我が子に情が沸いて慈母の精神で連れ去ったとか、そんなのはまずありえないです。それどころか一国の皇太子をさらうあたり、マジで蜀を潰すつもりだった可能性すらも……

 

 

まあ結局はお目付け役の趙雲(趙雲別伝では張飛も)が軍を率いて帰路を封鎖、劉禅の身柄を取り返したことでなんとか事なきを得ますが……本当、最後までおっかない女傑でした。

 

 

ちなみにその後の孫夫人は、呉に帰ったっきり史書に顔を出していません。後の創作では夫の死を聞いて長江に身投げしたことになっていますが……間違ってもそんなことをする人物でも、そこまでの関係ではないのは明白。

 

演義でのおしどり夫婦っぷりはどこへ行ったやら、実際の二人の関係は冷え込むを通り越してかなり剣呑としていたのです。

 

 

 

 

蜀の夫人伝に立伝はない

 

 

 

まあしっちゃかめっちゃかにするだけしてそのまま帰った(水面下では)敵国の夫人に伝なんて立てられるわけもありませんよね。

 

孫権と劉備の同盟やお互いの心境、信頼関係はどうだったのかは、おおよそ劉備と孫夫人のこの上なく物騒な夫婦関係が物語っていると思います。

 

 

一応、演義やその他の創作メディアではかなり仲の良いおしどり夫婦になっているんですけどね……やはり現実はそうはならなかった。

 

 

まあ孫夫人からすれば、失敗と妻子を捨てて逃亡を繰り返し流浪しまくってた数十歳年上の、しかも同盟関係にあるとはいえ実際敵国の君主をやってるオッサンに嫁がされたという話ですから、反攻できる余地があるならしたくなるのもわからなくもない……のか?

 

とはいえ、孫家は兄の孫権をはじめ危ない人ばかりの家系。アル中暴走大魔王の孫権の妹である以上、やはり一定数はそういった危険な血が混じっていた可能性は否めません。

 

 

ちなみに正史本文には、孫夫人の性格を以下のように記されています。

 

才気と剛勇において兄たちの面影があった。

 

 

殺戮の小覇王・孫策(ソンサク)と酒乱で名君かつ暴君の孫権、そして軽率で早死にした孫翊(ソンヨク)はじめ兄たちの面影……嫌な察ししか付きません……。

 

当時は政略や家を守るためのものに過ぎなかった女とはいえ、やはり孫家の血筋。実体はいまひとつわからないことも多いですが、女傑というのは孫夫人のような人を指すのかもしれませんね。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

孫堅
通称堅パパ。孫呉の礎を作った、孫権の父親にして先々代にあたる人物です。
孫策
小覇王。しかしその影響力とカリスマは、本人の死後呉の末期にまで影響を与え……
孫権
三国の一角である呉の君主。地味だけど派手。派手だけど地味。
歩夫人(練師)
顔も性格もいいって最強じゃね?
太史慈
まさかの群雄枠。
劉基(呉)
孫権のお気に入りの一人。イケメンで道徳観と知能を持ち合わせた人物です。
孫静
何というか典型的ご隠居キャラみたいな。
孫瑜
孫静が生んだ宗室の名将1号。
孫皎
孫静の子で、こちらはなんと言うか、孫静自身より孫一門の血筋が濃い人。
孫賁
配……下……?
孫輔
一族の中でも珍しい親曹操派。この人の内通疑惑からして、孫呉の並々ならぬ裏事情が見えてくる気がします。
孫翊
孫策の弟で、その跡継ぎとして期待された人。兄・孫権から短命の呪いを吸い取ったかのごとき短命ぶりは、ある意味兄の跡継ぎに相応しいかもしれませんね。
孫韶
裴松之の注釈も含めると、記述のほとんどが叔父と彼を殺した連中を取り巻く復讐劇……
孫桓
ディフェンスに定評のある名将。もっと長生きしていれば、いろいろと歴史も変わった……かも。
呉景
要するに一族ってのも言うほどアテになる時代じゃなかったよのね的な
張昭
孫権の重臣であり親父代わりであり喧嘩友達であり宿敵……
顧雍
寡黙でありながら法家思想の徹底したモラリスト。名士の名に恥じぬ大物です。
諸葛瑾
虎になった驢馬
歩隲
呉のグダグダ丞相リレー中継ぎ陣。冷静沈着な人となりと貧乏を凌ぎながら磨き上げた一流の知略の持ち主。
張紘
何というか張昭のスペア。あちらと違ってギャグのない正統派名士なので影が薄いですが、だいたい同等くらいの力があったんだろうなあ・・・
厳畯
プルプル、ぼく、悪い呉臣じゃないよ
程秉
呉にはほぼほぼ専門学者枠で列伝にノミネートされる人物も多いですが、彼もそんな中の一人。
闞沢
元貧乏人の超重臣。孫呉はこういう成り上がりがいるから面白い。
周瑜
イケメン大正義。憎いくらいの完璧超人。
魯粛
威風堂々。建前ばかりを重んじる乱世の中で、主君に対して堂々とその野心を語ったアブナイ人ですね。
呂蒙
関羽を仕留める大手柄が、逆に人格、能力を不当に低く見積もられる要因に……歴史の闇の深さを象徴する人物。
程普
記述こそ少ない物の、間違いなく期待の名将と評しても間違いない功績を残した万能の武将です。隙?なにそれおいしいの?
黄蓋
けっこう有名どころ。ゲームでも割と出てきてますよね。あと便所マン。
韓当
孫堅時代からの幽州出身者多くね?
蒋欽
周泰と呂蒙を足して2で割る
周泰
傷だらけの仕事人。
陳武
孫権軍の武勇担当。地味に孫乾より本人の記述が少なく、むしろ息子のおまけみたいな気がしなくも……
陳脩
優れてるんでしょうが、ぶっちゃけ早死にしたせいでモブ。孫家のみならず、陳家も相当短命な家系のようです。
陳表
陳武伝のメイン人物。恩義と仁愛に厚い人物で、武人でありながら、その姿はさながら儒学者でした。が、ちょっとこれはやりすぎじゃないですかね……?
董襲
義に厚く、その心は君主をも感涙させる……。 孫呉でも生粋の猛将ですが、影が薄いのはなぜか。
甘寧
ただの鉄砲玉か、有望な名将か……当時の人にはどう見られていたのか?
凌統
りんとーんりんとーん
徐盛
演義では丁奉とコンビのあの人だが、正史の活動時期がイマイチかみ合わないのはどうしてか。
潘璋
ミスタージャイアニスト。出世払いと俺の物が口癖のイカれた剛将。
丁奉
某ゲームの顔グラのせいで、ついた仇名はスターリン。
朱治
ゴリ押し☆名士紹介大会!
朱然
快活ですごくいい人なオーラがあるのに、結構いろんなところで直属上司に突っかかってるイメージもある、そんな人。名将で、かつ背が低いです。
呂範
目立たぬものの、呉の柱石の一人。有能感あふれる抜擢をされた贅沢マン。
朱桓
孫呉名物ヤベー奴。知勇兼備、呉に五虎将軍があるならばその筆頭を狙えるくらいの勇将ですが、気質はまさに猛獣。実力がある分、なおのこと危険人物です。
虞翻
舌鋒ひとつで認められ、舌鋒ひとつで潰された人。というか皮肉しか言えんから怖いこの人
陸績
みかんの人。ぶっちゃけ孫権から見ると敵対勢力に近い存在だったのかも……
吾粲
熱血☆救出☆大吾粲!
陸遜
呉での中心人物の一人。若いイケメンとして描かれますが実際の年齢は……
賀斉
とある動画での活躍により神の称号を持つ男。演義ベースの作品ではほとんど出てきませんが、近年徐々に注目され……
全琮
陸遜を憤死するまで追い詰める等の事績からして後世の評判の悪い人物ですが……アレに関しては陸遜あたりもどっこいだと思うの。
呂岱
黄忠よりも長生きの?ハイパーおじいちゃん
周魴
石亭の戦いの立役者。その他にも異民族との戦いで功績を上げています。
潘濬
歴史上、ここまで忠義に厚い裏切り者は何人いるだろうか?
呉範
この時代にもいたんですよ、こういう大宇宙ともつながってそうな人。
孫邵
謎が多すぎる人物。一応、呉の初代丞相という立場上かなりの偉人のはずですが……
谷利
呉の典韋や許褚的な存在なんですが、如何せん登場資料が信憑性グレーなため……
祖郎
孫策のライバル(ガチ)。

ホーム サイトマップ
お問い合わせ