このエントリーをはてなブックマークに追加

呉範 文則

 

 

生没年:?~黄武5年(226)

 

所属:呉

 

生まれ:揚州会稽郡上虞県

 

 

 

 

呉範(ゴハン)、字は文則(ブンソク)。この時代には占いや未来予知、神通力といった力は今以上に信奉され、それらが仕える人物は非常に重宝されることがありました。

 

この呉範という人も、占いによる未来予知という摩訶不思議な力によって重宝された人物の一人です。

 

孫権(ソンケン)もその力に魅了され、どうすれば占いの精度がそこまで高いのか興味を持っていたそうですが……結局呉範はそれを教えなかったため、現代にその方法は残っていません。

 

 

さて、今回はそんな呉範の伝、追ってみましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

風水占術を極めし者

 

 

 

当時の中国は儒教の学問を究めることが出世の王道でしたが……一方で人物評や占術をはじめとする一風変わった芸風で上を目指すという道も作られていました。

 

そんな中で呉範がたどったのは、占術による名士としての栄達でした。彼は当時ではレア技能であった歴術を習得。さらに風向きなどから未来を予知する『風占い』に熟達し、地元の会稽(カイケイ)郡ではすっかりおなじみの有名人となったのです。

 

そしてついに呉範はその手のエキスパートとして漢帝国の中央から招聘をうけ、都・洛陽(ラクヨウ)に行くことに!……なったのですが、この時はすでに乱世。呉範は都に向かおうにも迎えず、結局断念してしまったようです。

 

 

 

ちなみに『後漢書』では、陶謙(トウケン)が趙昱(チョウイク)なる人物をなんとしても陣営に引き入れようとしたとき、呉範にも「趙昱を説得してくれ」と頼んだようで、彼もまた趙昱に陶謙の元へ向かうよう促しています。

 

この時も趙昱は断ったのですが、後に陶謙はキレて「お前来なかったら罰するよ」と権力行使に出て無理矢理趙昱を出仕させたとか。

 

 

もしかしたら、このまま趙昱が断り続けたら危険と予見したのかもしれませんね。

 

 

 

後に呉範の住む一帯は孫策(ソンサク)の領内に組み込まれるようになり、孫一門の影響下に。呉範はその弟・孫権(ソンケン)がその勢力を率いるようになると、その配下に取り立てられることに。

 

そこでも占いの能力は冴えに冴えていたようで、事あるごとに占いを的中させ、呉範の言う通りの事件や災禍が発生したと言われています。

 

 

 

 

この人ガチや……

 

 

 

建安12年(207)、孫権は宿敵の黄祖(コウソ)を討つべく軍を進発させようとしました。しかし、呉範は反対し、歴術の結果と合わせて以下のように述べたのです。

 

 

「今回の黄祖討伐は得るものが少なく、やめたほうが良いでしょう。それよりも来年は吉兆が見えます。おそらく荊州の主・劉表(リュウヒョウ)が死に、国が滅びます」

 

 

孫権はこの意見を棄却して黄祖を攻めたものの、住民を強制移民させるだけで大きな戦果は無し。しかし翌年には黄祖の主である劉表が本当に病没し、それに前後して黄祖を攻めたところ本当に黄祖軍を打ち破ったのです。

 

この時には呉範も同行していたようで、戦う前から勝利を予見して祝賀を述べたほか、夜闇に紛れて逃げた黄祖を追う時にも「まだ遠くには行っていません」と断言。果たして黄祖は明け方に捕まえることができ、孫権は親の仇を見事に討つことができました。

 

 

そして劉表が滅んで孫権軍の災難が去り、それからしばらくした建安17年(212)にも、再び呉範は占いによる予見を行います。

 

「劉備(リュウビ)が益州の土地を狙っていますが、再来年にはこれらすべてを併呑するでしょう」

 

この時孫権は、将軍の呂岱(リョタイ)から「劉備は軍を分散させて戦っており、勝つ見込みは薄そうです」という報告を受けており、孫権はそちらの意見を信用。呉範を難詰しますが、「呂岱将軍は見える範囲の人を、私は見えない天の理までを話しています」と返答。

 

果たして建安19年(214)、劉備は益州を奪って我が物としたのでした。

 

 

建安24年(219)に劉備と決裂してその将軍である関羽(カンウ)を追い詰めた際、関羽からは降伏するという旨の使者が届きました。

 

この時も呉範は姿を現し、「降伏などと言いますが、ここには逃亡の気があふれています」と断言。さらに関羽が捕まることと、それが翌日の日中であることも予見し、果たしてすべてその通りになりました。

 

 

他にも、孫権が魏と手を取り合っている時には「魏はやがてこちらと敵対して侵攻してきます」と断じ、また劉備が自ら軍を率いて攻めてきた時には「後に和睦し同盟国となりましょう」と予見。これらもすべて、後にはその通りになったのでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

占術の極意は極秘なのです

 

 

 

 

ここまで占いを見事に的中させてきた呉範でしたが、肝心な占いの方法に関してはまったく誰にも教えませんでした。

 

当然、その態度は孫権に対してもまったく同じ。彼はたびたび占いの極意を孫権から聞き出されましたが肝心なところは一切口にせず、次第に孫権の不興を買っていきました。

 

呉範は孫権から「占いが当たれば列侯に加える」と約束され、最終的には騎都尉(キトイ:近衛兵長)と太史令(タイシレイ:占いや暦法の責任者)を兼任するほどの大身になりましたが、孫権からは最後、ついに嫌がらせに近い行いを受けることになります。

 

 

孫権が呉範を列侯に加える条件となったのが、「干支でいう亥から子の辺りに、土地に流れる王の気と合わさって慶事が起こる」という予言が当たる事でした。

 

そしてこの予言は当たり、庚子……つまり子の都市にあたる延康元年(220)、孫権は呉王に立てられました。

 

 

呉範は宴の時にこの事を話題に出し、孫権も「そんなこともあったね」と諸侯の証である印綬を渡そうとしますが……実はこれは見せかけのパフォーマンス。孫権は呉範を諸侯に加えるつもりはなかったのです。

 

それに気づいた呉範は一切を固辞して印綬を受け取ろうとはしませんでした。

 

 

その後に功績が評定されたとき、呉範は都亭侯(トテイコウ)の爵位を受けることになりました。が、直前になって孫権は「あいつは占いを教えてくれないからなあ」と突如呉範の名前を削除し、功臣から除外。

 

結局、呉範が列侯に加えられるという約束は果たされることが無かったのです。

 

 

黄武5年(226)、呉範は死去。その息子は早死にしていたせいで、結局彼の占いは世に出ることがありませんでした。

 

孫権はこの時「列侯に封じる」という条件で凄腕の占い師を急募で探しましたが、結局それに値するだけの人物はみつからなかったのです。

 

 

 

 

職人気質の頑固者?

 

 

 

正史本文によれば呉範の性格は一本気で己を誇るきらいがあるとされ、いわゆる職人気質だった事が伺えます。

 

孫権に占いの極意を教えなかったのも、自分の占いというアイデンティティが他人に取られて、自分に価値がなくなるのを恐れた結果かもしれませんね。実際に『呉録』にも、このような推察が書かれています。

 

 

さて、そんな呉範は友情に厚く、自分の認めた人物にだけは最後まで変わらない友情を貫いたとか。

 

 

 

ある時、自分の同郷の友人である魏滕(ギトウ)なる人物が罪を得て孫権の怒りを買い、「コイツを庇ったやつは死刑」とまで言い放つという事件がありました。

 

呉範はそんな魏滕に対して、何の得にもならなくとも「一緒に死のう」と言い放つと、頭を丸めて囚人の格好をし、孫権の邸宅に突撃。

 

殺されるからと取次ぎを渋る受付に対して「万一があれば君の子供は私が預かる」と約束すると、ついに孫権の元に向かいました。

 

 

しかし、孫権の碇は収まりようもなく、取次ぎが説明のための言葉を言い終わる前に、戟を投げつけようと構える始末。ヤバいと逃げ去る取次ぎ役。呉範は取次ぎ役が逃げてきたのを確認すると、入れ替わる形で孫権邸に突撃し、そのまま彼の前で土下座したのです。

 

こうして血を流すほどに頭を打ち付け涙ながらに助命を嘆願する呉範を見て、やがて「これ無理だろ」と思われるほどだった孫権の怒りも氷解。

 

 

かくして魏滕は罪を免れ、「良心ですら見捨てたというのに……。こんな奴が友達として一人いれば、もう何人も友人は必要ない」と述べたとか。

 

 

プライドが高いという事はそれだけ味方が少ないとも取れます。占い師・呉範は、だからこそ数少ない友人を大事にしたのかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

孫堅
通称堅パパ。孫呉の礎を作った、孫権の父親にして先々代にあたる人物です。
孫策
小覇王。しかしその影響力とカリスマは、本人の死後呉の末期にまで影響を与え……
孫権
三国の一角である呉の君主。地味だけど派手。派手だけど地味。
歩夫人(練師)
顔も性格もいいって最強じゃね?
太史慈
まさかの群雄枠。
劉基(呉)
孫権のお気に入りの一人。イケメンで道徳観と知能を持ち合わせた人物です。
孫静
何というか典型的ご隠居キャラみたいな。
孫瑜
孫静が生んだ宗室の名将1号。
孫皎
孫静の子で、こちらはなんと言うか、孫静自身より孫一門の血筋が濃い人。
孫賁
配……下……?
孫輔
一族の中でも珍しい親曹操派。この人の内通疑惑からして、孫呉の並々ならぬ裏事情が見えてくる気がします。
孫翊
孫策の弟で、その跡継ぎとして期待された人。兄・孫権から短命の呪いを吸い取ったかのごとき短命ぶりは、ある意味兄の跡継ぎに相応しいかもしれませんね。
孫韶
裴松之の注釈も含めると、記述のほとんどが叔父と彼を殺した連中を取り巻く復讐劇……
孫桓
ディフェンスに定評のある名将。もっと長生きしていれば、いろいろと歴史も変わった……かも。
呉景
要するに一族ってのも言うほどアテになる時代じゃなかったよのね的な
張昭
孫権の重臣であり親父代わりであり喧嘩友達であり宿敵……
顧雍
寡黙でありながら法家思想の徹底したモラリスト。名士の名に恥じぬ大物です。
諸葛瑾
虎になった驢馬
歩隲
呉のグダグダ丞相リレー中継ぎ陣。冷静沈着な人となりと貧乏を凌ぎながら磨き上げた一流の知略の持ち主。
張紘
何というか張昭のスペア。あちらと違ってギャグのない正統派名士なので影が薄いですが、だいたい同等くらいの力があったんだろうなあ・・・
厳畯
プルプル、ぼく、悪い呉臣じゃないよ
程秉
呉にはほぼほぼ専門学者枠で列伝にノミネートされる人物も多いですが、彼もそんな中の一人。
闞沢
元貧乏人の超重臣。孫呉はこういう成り上がりがいるから面白い。
周瑜
イケメン大正義。憎いくらいの完璧超人。
魯粛
威風堂々。建前ばかりを重んじる乱世の中で、主君に対して堂々とその野心を語ったアブナイ人ですね。
呂蒙
関羽を仕留める大手柄が、逆に人格、能力を不当に低く見積もられる要因に……歴史の闇の深さを象徴する人物。
程普
記述こそ少ない物の、間違いなく期待の名将と評しても間違いない功績を残した万能の武将です。隙?なにそれおいしいの?
黄蓋
けっこう有名どころ。ゲームでも割と出てきてますよね。あと便所マン。
韓当
孫堅時代からの幽州出身者多くね?
蒋欽
周泰と呂蒙を足して2で割る
周泰
傷だらけの仕事人。
陳武
孫権軍の武勇担当。地味に孫乾より本人の記述が少なく、むしろ息子のおまけみたいな気がしなくも……
陳脩
優れてるんでしょうが、ぶっちゃけ早死にしたせいでモブ。孫家のみならず、陳家も相当短命な家系のようです。
陳表
陳武伝のメイン人物。恩義と仁愛に厚い人物で、武人でありながら、その姿はさながら儒学者でした。が、ちょっとこれはやりすぎじゃないですかね……?
董襲
義に厚く、その心は君主をも感涙させる……。 孫呉でも生粋の猛将ですが、影が薄いのはなぜか。
甘寧
ただの鉄砲玉か、有望な名将か……当時の人にはどう見られていたのか?
凌統
りんとーんりんとーん
徐盛
演義では丁奉とコンビのあの人だが、正史の活動時期がイマイチかみ合わないのはどうしてか。
潘璋
ミスタージャイアニスト。出世払いと俺の物が口癖のイカれた剛将。
丁奉
某ゲームの顔グラのせいで、ついた仇名はスターリン。
朱治
ゴリ押し☆名士紹介大会!
朱然
快活ですごくいい人なオーラがあるのに、結構いろんなところで直属上司に突っかかってるイメージもある、そんな人。名将で、かつ背が低いです。
呂範
目立たぬものの、呉の柱石の一人。有能感あふれる抜擢をされた贅沢マン。
朱桓
孫呉名物ヤベー奴。知勇兼備、呉に五虎将軍があるならばその筆頭を狙えるくらいの勇将ですが、気質はまさに猛獣。実力がある分、なおのこと危険人物です。
虞翻
舌鋒ひとつで認められ、舌鋒ひとつで潰された人。というか皮肉しか言えんから怖いこの人
陸績
みかんの人。ぶっちゃけ孫権から見ると敵対勢力に近い存在だったのかも……
吾粲
熱血☆救出☆大吾粲!
陸遜
呉での中心人物の一人。若いイケメンとして描かれますが実際の年齢は……
賀斉
とある動画での活躍により神の称号を持つ男。演義ベースの作品ではほとんど出てきませんが、近年徐々に注目され……
全琮
陸遜を憤死するまで追い詰める等の事績からして後世の評判の悪い人物ですが……アレに関しては陸遜あたりもどっこいだと思うの。
呂岱
黄忠よりも長生きの?ハイパーおじいちゃん
周魴
石亭の戦いの立役者。その他にも異民族との戦いで功績を上げています。
潘濬
歴史上、ここまで忠義に厚い裏切り者は何人いるだろうか?
孫夫人(孫尚香)
あの武人(つーかDQN)の家系の女がマトモでおしとやかな女性であるはずもなく……
孫邵
謎が多すぎる人物。一応、呉の初代丞相という立場上かなりの偉人のはずですが……
谷利
呉の典韋や許褚的な存在なんですが、如何せん登場資料が信憑性グレーなため……
祖郎
孫策のライバル(ガチ)。

ホーム サイトマップ
お問い合わせ