吾粲


このエントリーをはてなブックマークに追加

吾粲 孔休

 

 

生没年:?~赤烏8年(245)

 

所属:呉

 

生まれ:揚州呉郡鳥程県

 

 

 

 

吾粲(ゴサン)、字は孔休(コウキュウ)。伝が立つほどの優れた人物とは言え実体はただの優れた一軍政官で、正直目立つような立ち位置の人物ではありませんが……なんと言うか、ぶっちゃけ昭和の主人公。

 

たった一つのエピソードからこの人の人となりと格好良さはにじみ出ており、そのためにごくごく一部の限られた人たちから一目置かれている、そんな人です。

 

 

ただ、惜しむらくは性格とは裏腹の、主人公補正の無さ。普通に処刑されて終了という、本当に惜しいというか締まらないというか、そんな終わりを迎えています。

 

今回は、そんな吾粲の伝を追っていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

庶民出身の宰相の器?

 

 

 

吾粲が史書に姿を現したのは、孫権(ソンケン)の皇族である孫河(ソンカ)が故郷の県長をしていた時。庶民の身分という事もあって下っ端小役人としての器用でしたが、吾粲の仕事は群を抜いていて孫河も密かに目をつけていたとか。

 

孫河が後に将軍となると、孫権軍の人手不足というのもあって一気に上級役人にまで出世して、さらにさまざまな仕事で高い業績を打ち立ててどんどん有名人に。

 

やがては庶民出身でありながらも、まだ若かりし日の名族・陸遜(リクソン)らにも並ぶほどの名声を得たのでした。

 

 

後に吾粲は、孫権に目をつけられて幕府の主簿(シュボ:秘書官)に就任。やがて山陰(サンイン)県令、そして参軍校尉(サングンコウイ)と、中央と外の役職を行き来しています。

 

 

ここでの活躍は特に記されてはいませんが、恐らく立派に職務を果たしたのでしょう。黄武元年(222)には、魏の曹丕(ソウヒ)の侵攻を阻むために水軍部隊指揮官のひとりとして戦いに参加しています。

 

 

 

『呉録』によると、吾粲は数歳の時にとある老婆と出くわし、その老婆は吾粲の顔を見るなり、「この子は大臣レベルの器の相だよ」と吾粲の母親に述べたとか。

 

 

 

 

溺れた味方は捨て置けん!

 

 

さて、黄武元年(222)の、曹丕による魏帝国を挙げた大攻勢の時のこと。

 

この時吾粲らは敵将曹休(ソウキュウ)率いる軍勢と対峙していましたが、ある夜、突如として突風が発生。水上で敵とにらみ合っていた呉軍は船を風に流され、転覆して溺れたり敵陣に乗り込んでしまったりして大損害を受けてしまったのです。

 

船が沈んで溺れた味方は、なんとか無事だった味方の中、大型船に殺到。そのせいで大型船までもが傾きかけ、「自分たちも死んでしまう」と思った大型船の船員たちは、よって集まる味方を矛で突き落として船のバランスを取っていたという有り様でした。

 

 

しかしその惨状を見ると、吾粲は「窮地にある人を放っておけるか!」と発起。ともに軍を率いていた黄淵(コウエン)なる人物とただ二人だけが水夫に命じて、船が沈む危険もお構いなしに救える者を救っていきました。

 

結果として、助かった人数は百人以上。この功績か別の功績かはわかりませんが……戦後吾粲は揚州政治の要である会稽(カイケイ)の太守に任じられることになったのです。

 

スポンサーリンク

 

 

庶民破格の出世の果て

 

 

 

会稽太守として認知に赴いた吾粲は、当時まったくの無名無官であった謝譚(シャタン)という人物に注目。彼に人事評価を任せようと自らの元へ呼び寄せることにしました。

 

しかし謝譚は、病気を理由に出世せず、吾粲の元に訪れませんでした。

 

 

吾粲はあくまで謝譚の才を惜しみ、文書を直接送りつけて説得。

 

「応龍(オウリュウ:翼のある龍)は時が来ればその力を振るうからこそ喜ばれ、鳳凰は見事な鳴き声をしているからこそ尊ばれる。それほどの才を持ちながら、なぜに隠遁して出てこようとしないのだ」

 

どこか教養臭い気取った文章ではなく、民間にも知られる神界の生物に例えてのこの言葉。歴史を題材にした堅苦しいものではない辺り、なんとも吾粲らしい説得文です。

 

 

さて、吾粲はその後軍事でも活躍し、志願兵を集めて呂岱(リョタイ)と共に山越(サンエツ)の反乱軍を討伐。後に中央へと戻り、ついには孫権の太子の教育係にまで上り詰めたのです。

 

 

……が、今度は二宮の変と呼ばれる後継者争いが呉の領内で勃発。

 

この争いは孫和(ソンワ/ソンカ)と孫覇(ソンハ)という二人の太子のどちらが後継者となるかで行われましたが……吾粲はこの政争に、年上で始めに嫡子と決められていた孫和の派閥に属しました。

 

この時の吾粲は正論を一切の遠慮なく述べてみせ、孫覇派の重鎮である楊竺(ヨウジク)の排斥を直訴。また、孫和派のトップである陸遜との橋渡し役なども務めましたが……こんな派手な動きを見せた人物が、敵対派閥からマークされないはずがありません。

 

とうとう孫覇や楊竺らに標的にされた吾粲は激しい弾圧を受け、そのまま投獄、殺害されてしまいました。宰相にまで登ると言われた異例の平民の、あまりにあっけない最期でした。

 

スポンサーリンク

 

人物評

 

 

さて、こんな補正に恵まれることなくモブとして果てた主人公・吾粲ですが、三国志を編纂した陳寿は彼のことを以下のように評しています。

 

困難な状況下で正義を貫こうとしたが、悲しいことにそれが仇となって身を滅ぼしたのである。

 

 

これはまた別の状況で殺された朱拠(シュキョ)という人物とセットで語られたことですが……まあ、言ってしまえば巻き込まれた同情が評のメインといったところでしょうか。

 

優れた才覚と何より主人公的な熱い性格、そして平民スタートという主人公要素をこれでもかと詰め込んだ人物にも関わらず、非情な現実は味方してくれず、その他大勢として消えていった吾粲。

 

 

「お前誰?」という評を除けば、おおよそ同情的な人物評と身の危険を顧みない熱い献身が半々といったところか。

 

結局政争は楊竺の方が一枚上手でしたが……中心人物の相次ぐ病死で孫覇派の弱体化が始まるまでの数年間活きていられれば、吾粲の立場はどうなったのでしょうか?

 

少しばかり、気になる所ではあります。

 

 

メイン参考文献:ちくま文庫 正史 三国志 7巻

 

正史 三国志〈7〉呉書 2 (ちくま学芸文庫)

中古価格
¥532から
(2017/11/12 20:55時点)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

孫堅
通称堅パパ。孫呉の礎を作った、孫権の父親にして先々代にあたる人物です。
孫策
小覇王。しかしその影響力とカリスマは、本人の死後呉の末期にまで影響を与え……
孫権
三国の一角である呉の君主。地味だけど派手。派手だけど地味。
歩夫人(練師)
顔も性格もいいって最強じゃね?
太史慈
まさかの群雄枠。
劉基(呉)
孫権のお気に入りの一人。イケメンで道徳観と知能を持ち合わせた人物です。
孫静
何というか典型的ご隠居キャラみたいな。
孫瑜
孫静が生んだ宗室の名将1号。
孫皎
孫静の子で、こちらはなんと言うか、孫静自身より孫一門の血筋が濃い人。
孫賁
配……下……?
孫輔
一族の中でも珍しい親曹操派。この人の内通疑惑からして、孫呉の並々ならぬ裏事情が見えてくる気がします。
孫翊
孫策の弟で、その跡継ぎとして期待された人。兄・孫権から短命の呪いを吸い取ったかのごとき短命ぶりは、ある意味兄の跡継ぎに相応しいかもしれませんね。
孫韶
裴松之の注釈も含めると、記述のほとんどが叔父と彼を殺した連中を取り巻く復讐劇……
孫桓
ディフェンスに定評のある名将。もっと長生きしていれば、いろいろと歴史も変わった……かも。
呉景
要するに一族ってのも言うほどアテになる時代じゃなかったよのね的な
張昭
孫権の重臣であり親父代わりであり喧嘩友達であり宿敵……
顧雍
寡黙でありながら法家思想の徹底したモラリスト。名士の名に恥じぬ大物です。
諸葛瑾
虎になった驢馬
歩隲
呉のグダグダ丞相リレー中継ぎ陣。冷静沈着な人となりと貧乏を凌ぎながら磨き上げた一流の知略の持ち主。
張紘
何というか張昭のスペア。あちらと違ってギャグのない正統派名士なので影が薄いですが、だいたい同等くらいの力があったんだろうなあ・・・
厳畯
プルプル、ぼく、悪い呉臣じゃないよ
程秉
呉にはほぼほぼ専門学者枠で列伝にノミネートされる人物も多いですが、彼もそんな中の一人。
闞沢
元貧乏人の超重臣。孫呉はこういう成り上がりがいるから面白い。
周瑜
イケメン大正義。憎いくらいの完璧超人。
魯粛
威風堂々。建前ばかりを重んじる乱世の中で、主君に対して堂々とその野心を語ったアブナイ人ですね。
呂蒙
関羽を仕留める大手柄が、逆に人格、能力を不当に低く見積もられる要因に……歴史の闇の深さを象徴する人物。
程普
記述こそ少ない物の、間違いなく期待の名将と評しても間違いない功績を残した万能の武将です。隙?なにそれおいしいの?
黄蓋
けっこう有名どころ。ゲームでも割と出てきてますよね。あと便所マン。
韓当
孫堅時代からの幽州出身者多くね?
蒋欽
周泰と呂蒙を足して2で割る
周泰
傷だらけの仕事人。
陳武
孫権軍の武勇担当。地味に孫乾より本人の記述が少なく、むしろ息子のおまけみたいな気がしなくも……
陳脩
優れてるんでしょうが、ぶっちゃけ早死にしたせいでモブ。孫家のみならず、陳家も相当短命な家系のようです。
陳表
陳武伝のメイン人物。恩義と仁愛に厚い人物で、武人でありながら、その姿はさながら儒学者でした。が、ちょっとこれはやりすぎじゃないですかね……?
董襲
義に厚く、その心は君主をも感涙させる……。 孫呉でも生粋の猛将ですが、影が薄いのはなぜか。
甘寧
ただの鉄砲玉か、有望な名将か……当時の人にはどう見られていたのか?
凌統
りんとーんりんとーん
徐盛
演義では丁奉とコンビのあの人だが、正史の活動時期がイマイチかみ合わないのはどうしてか。
潘璋
ミスタージャイアニスト。出世払いと俺の物が口癖のイカれた剛将。
丁奉
某ゲームの顔グラのせいで、ついた仇名はスターリン。
朱治
ゴリ押し☆名士紹介大会!
朱然
快活ですごくいい人なオーラがあるのに、結構いろんなところで直属上司に突っかかってるイメージもある、そんな人。名将で、かつ背が低いです。
呂範
目立たぬものの、呉の柱石の一人。有能感あふれる抜擢をされた贅沢マン。
朱桓
孫呉名物ヤベー奴。知勇兼備、呉に五虎将軍があるならばその筆頭を狙えるくらいの勇将ですが、気質はまさに猛獣。実力がある分、なおのこと危険人物です。
虞翻
舌鋒ひとつで認められ、舌鋒ひとつで潰された人。というか皮肉しか言えんから怖いこの人
陸績
みかんの人。ぶっちゃけ孫権から見ると敵対勢力に近い存在だったのかも……
陸遜
呉での中心人物の一人。若いイケメンとして描かれますが実際の年齢は……
賀斉
とある動画での活躍により神の称号を持つ男。演義ベースの作品ではほとんど出てきませんが、近年徐々に注目され……
全琮
陸遜を憤死するまで追い詰める等の事績からして後世の評判の悪い人物ですが……アレに関しては陸遜あたりもどっこいだと思うの。
呂岱
黄忠よりも長生きの?ハイパーおじいちゃん
周魴
石亭の戦いの立役者。その他にも異民族との戦いで功績を上げています。
潘濬
歴史上、ここまで忠義に厚い裏切り者は何人いるだろうか?
呉範
この時代にもいたんですよ、こういう大宇宙ともつながってそうな人。
孫夫人(孫尚香)
あの武人(つーかDQN)の家系の女がマトモでおしとやかな女性であるはずもなく……
孫邵
謎が多すぎる人物。一応、呉の初代丞相という立場上かなりの偉人のはずですが……
谷利
呉の典韋や許褚的な存在なんですが、如何せん登場資料が信憑性グレーなため……
祖郎
孫策のライバル(ガチ)。

ホーム サイトマップ
お問い合わせ