賈逵


このエントリーをはてなブックマークに追加

賈逵 梁道

 

 

生没年:熹平3年(174)~太和2年(228)

 

所属:魏

 

生まれ:司隷河東郡襄陵県

 

 

 

 

賈逵(カキ)、字は梁道(リョウドウ)。何とも目立たない、いかにも名前だけの有名人といった人物ですが……やはり歴史的な界隈で有名になるという事は、それだけの実力や実績があるという事。

 

この賈逵という人物も、曹操(ソウソウ)のお気に入りとして忠烈さと不屈の意思を買われています。

 

 

さて、今回は知名度の割に何をしたのかがあまり知られていない、賈逵の伝を追ってみましょう。

 

 

 

 

対孫権戦線

 

 

 

曹丕が亡くなると、今度は魏の国主は息子の曹叡(ソウエイ)にバトンタッチされます。曹叡の魏帝即位に際し、賈逵は領邑を二百戸増加。合わせて四百戸となりました。

 

 

また、孫権との戦いの際にお互いの侵攻ルートが限られていることに着目し、賈逵は駐屯地を要衝である潦口(リョウコウ)に移すことを提案して、曹叡を感嘆させています。

 

 

とまあ知略に関しては十二分だった賈逵ですが……その剛直な性格から敵が多く、軍中でも結構煙たがられていたようです。

 

その賈逵を嫌っていた人物で、筆頭格だったのが皇族の名将・曹休(ソウキュウ)。彼は曹丕の代に賈逵が軍権を与えられることになると、それに反発。「気が強く他人と激突する賈逵では、軍団長は務まりません」と上奏しています。

 

 

太和2年(228)、そんな曹休が敵将である周魴(シュウホウ)の降伏に便乗し、敵陣内に深入り。賈逵は曹休の万一の事態を懸念し、「深入りしすぎれば負ける」という考えは確信に近いものになりつつありました。

 

そして捕らえた敵兵を尋問すると、今回の周魴の裏切りは罠であり、孫権がすでに曹休包囲を完成しつつあるという情報を入手。賈逵の懸念通りであることがここに証明されました。

 

 

賈逵は「後援を待ちたい」という諸将の考えを一蹴すると、急いで死地に赴いた曹休を助けるために急行。敵陣を強襲し、兵力を嵩増しして見せることで呉軍を追い散らし、なんとか曹休と合流します。

 

賈逵のこうした働きや、また周囲の諸将による奮戦があったために曹休は助かり、彼はなんとか死地を脱することができたのでした。

 

 

『魏略』では大人げなく賈逵を嫌う曹休は彼に「お前が遅いからこうなったのだ」責任を転嫁。さらに敵陣に落とした武器を拾いに行くよう賈逵に命令を下しました。

 

対して賈逵は、「私は国家のために戦っているのであって、武器拾いために戦っているのではない!」と一蹴。あくまで責任を賈逵に押し付けようとする曹休とお互いを責め合うように敗戦報告をしましたが、魏はどちらも大事な将なので双方不問にしたのです。

 

>あなたが100%正しいけどそういうところなんだよ賈逵さん!

 

 

とはいえ、『魏書』では敗戦責任をおっかぶせようとする曹休に対し、賈逵はあくまで黙りこくったまま。そのために周囲には「なんて立派な……」と感心されたとあります。

 

 

こうして曹休を助け出した賈逵でしたが、その年のうちに病気にかかり死去。臨終において、側近に「孫権めを討ち取れなかったのが無念だ。葬儀はあるものだけで簡素に済ませよ」と述べたそうな。

 

諡は粛侯。息子の腹黒賈充(カジュウ)がその後を継ぎました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

人物像:正義の暴走特急

 

 

 

さて、彼ほど正義感に満ち満ちて、また正義のために暴走しまくった人物の歴史上そう多くないでしょう。

 

清廉潔白で剛毅な、信頼も尊敬もできる偉人。しかし剛直すぎてお近づきになるのはちょっと怖い……。まさしく賈逵は、そんな人物だったと思われます。

 

 

『魏略』では特に彼の暴走ぶりがよく書かれていますが……なんというか、投獄されたときに自分を「正義の人間だ」と言いきったりしちゃうちょっとアレな人ですね。いや、中国名士というのはこんな感じのを良しとしてますし、たぶん賈逵の人格をプラスに評価してこういう話を載せてるんでしょうけども。

 

 

おそらくその波乱に満ちた生涯も、自分の正義を信じて猛進するためにできた敵対者によってなされた讒言や、あるいは身に覚えのない批難から生まれたものが大半でしょう。屯田都尉によるイチャモンも、もしかしたら単に嫌いなだけで根拠のないものだったのかもしれません。

 

 

 

さて、そんなこんなで同僚からはちょっと問題児扱いだった賈逵ですが……彼の仕えた曹魏三大の大物たちには、ことごとく褒めちぎられています。

 

曹操曹丕は当然のこと、実は曹叡からも、よりによって本文中で高く買われていた事績が残っています。

 

 

というのも、賈逵が亡くなってから数年の出来事。なんだかんだ民衆に慕われて勝手に祠を建造された賈逵でしたが、曹叡がその祠に立ち寄って、以下のように布告を出しています。

 

「賈逵の石像を見ると、涙がこみあげてくる。昔の偉人は皆『命よりも名が残らないのが怖い』といったが……賈逵は生きているうちは殊勲を上げ忠義を抱き、死しても慕われる不朽の人物である。よって天下にあまねくその名を知らせ、後世の手本とせよ」

 

 

スポンサーリンク

 

 

魏略が教える賈逵の人となり

 

 

 

最後に、魏略から賈逵のちょっと面白な話やその他色々を……

 

賈逵ははじめ、名前を衢(ク)といったとか。しかし、賈逵に名前を変えたのはいつの話か……。

 

そんな賈逵の好きな本は、『春秋左氏伝』。三国志の次代でも関羽(カンウ)や杜預(トヨ/ドヨ)が愛読したとされる、紀元前中国の歴史書です。彼は太守になってからもこれを必ず1月掛けて読み、読み終わるとまた最初に戻ったとか。

 

 

さて、最後に面白エピソード(?)。

 

賈逵は弘農太守の時に公的なことで典農校尉(テンノウコウイ:小さな軍に置かれる屯田の管轄者)と言い争いになり、結局結論が出なかったことがあります。

 

 

まあそれはどうでもよいのですが……なんとその時、怒りのあまりコブができてしまったのです。しかもそのコブは、放っておくとどんどん大きくなる始末。

 

最後には賈逵は気になって仕方なくなり、「コブを手術して切除してほしいです」と上奏しました。

 

 

しかし当時は、「コブを取り除く者の十人中九人が死ぬ」という迷信が広がっており、曹操はその迷信を信じて「お前は大事な存在なんだから我慢してくれ」と懇願。

 

結局賈逵はそれを無視してコブの切除をし、何食わぬ顔で生き残った……のですが、切除したはずのコブはますます大きくなったのだとか。

 

 

続きを読む≫ 2018/09/25 16:13:25




天性不屈の将軍(予定)




賈逵は幼少の時、いつも自分の率いる部隊を編成するようなお遊びをしていました。

そのためか、あるいは部隊編成が優秀だったのか……そんな賈逵を見ていた祖父はある時、「こいつは将軍になるに違いない」と確信。数万字に及ぶ軍略兵法を教授し、彼の好きな軍事により深くかかわらせてやったのです。


『魏略』によると、彼は名家でありながら戦争孤児で、冬服もないくらいにわびしい若者時代を過ごしていました。

しかし妻の兄の元に泊まりに行ったときは、さすがに耐えきれず義兄の袴を着けて立ち去ったとか何とか。


そんな賈逵は成人すると、まずは郡の役人からスタート。県長の仕事を代行することになりました。

さて、こうして比較的平穏なスタートを切ったある日のこと……袁尚(エンショウ)配下の郭援(カクエン)なる人物が、異民族である匈奴(キョウド)と結んで賈逵のいる河東(カトウ)を攻撃。賈逵が守る県以外はすべて郭援に降ってしまったのです。


郭援は賈逵の城を攻撃。1度はなんとか撃退しましたが、郭援は今度は匈奴の王たちと連合。この猛攻により、ついに城も陥落寸前となってしまったのです。


もはやこれまでと見た町の長老たちは、賈逵の身柄の安全を条件としてついに郭援に降伏。彼にうわさを聞きつけられた賈逵は、その前に引っ立てられることになりました。

こうして郭援の前に連れてこられた賈逵は、「うちの将軍になれ」という郭援の誘いを受けましたが、これを拒否。

武器を突きつけて脅迫するも賈逵は一切びくともせず、郭援は賈逵を無理矢理地べたに組み伏せるも、逆に賈逵は「国家の高官が賊に土下座するなどあってたまるか!」と一喝。


最後には賈逵は郭援に斬られそうになりますが、長老たちはこれを聞くや否や「約束に背くとは何事か!」と郭援に猛抗議。賈逵の心意気に感服した郭援の側近たちも助命を求めたため、結局賈逵は命を永らえることができたのです。


本文によれば、この事件の前、包囲を受けつつあるときに、計略によって郭援の参謀を撹乱。その行軍を7日間遅らせたとあります。賈逵は知略にも秀でていたようですね。


また、『魏略』によると、彼は郭援に殺されそうになった時、急造の穴倉に投獄されて今にも危険な状態だったとか。

この時に賈逵の命を救ったのは郭援の参謀で、彼は別に賈逵と知り合いでもなかったのに、名前も伝えず彼を救助。

賈逵が彼の名前を知ったのはしばらく後のことで、その参謀は別の事件(曹操による侵攻かな?)で連座して処刑されてしまいました。賈逵は彼を助けようとしたものの何もできず、せめてもの思いで揉服に着替え、彼を弔ってやったのです。

スポンサーリンク



賈逵さん危機一髪




後に賈逵は茂才(モサイ::秀才とも。官吏への地方推挙枠)に取り立てられ、澠池(ベンチ)の県令に取り立てられました。

そしてある時、私用か公用かは知りませんが、張琰(チョウエン)なる人物に会いに行くことになったのでした。


……が、この張琰との会合に出かけたことが、賈逵を更なる危地に駆り立てることに繋がります。この時、袁紹(エンショウ)の甥である高幹(コウカン)が反逆。なんと張琰は、この時高幹に呼応しようと目論んでいたのです。

賈逵は張琰の元に行った後にこの情報を得ましたが、このまま急いで帰ったところで、ひっ捕らえられるのは目に見えています。


そこで賈逵は、一計を案じます。賈逵はあえて自分も曹操に裏切る気満々であるとアピールし、味方を装う事で張琰の計画をすべて聴取。さらに張琰から兵を借り受けて自分の城を補強します。

これにより、あとで気づいた張琰が攻撃を仕掛けても強固な城を盾に押し返すことができ、さらに張琰らの反乱が失敗に終わったら首謀者らを軒並み処刑することができたのでした。




「みんな賈逵になればいい」




張琰の反乱が終息した後、賈逵は自身の祖父の訃報を聞き、辞表を出して喪に服すため帰郷。

後に復職すると司徒(シト:民政大臣)の属官からそのまま首都近郊の軍事に携わり、馬超(バチョウ)征討の折に曹操によって弘農(コウノウ)に連れ出され、「交通の要衝となる」としてその地の太守を代行することになりました。

またこの時、曹操は側近に対し、「天下の二千石の大身どもが、みんな賈逵だったら超安心なんだけどな」と語ったとか何とか。


しかしその後、またしても賈逵に災厄が降りかかります。徴兵時に何かのトラブルがあったか、屯田都尉(トンデントイ:屯田責任者)が「賈逵の野郎が逃亡民をかくまったか」と勝手に邪推。賈逵に対して暴言を吐きまくったのです。

賈逵はこのパワハラに対しマジギレして、自分の職権範囲外である屯田都尉を逮捕。その不遜を罪であるとし、彼の脚をへし折ってそのまま免職を食らってしまったのです。

しかし、曹操は逆に賈逵のこの痛快さを気に入って自分のところの主簿(シュボ:庶務課長)に取り立てたのでした。


屯田都尉の暴言の理由は、今でいうところの「他部署の人間だから何をしても業務責任問われないし~」の精神ですね。派遣社員や無関係な部署の人間に異様にキツイ屯田都尉の不道徳にキレて、そのまま越権行為を行ったといったところでしょうか。


ちなみに『魏略』では、主簿になった際にも曹操の「緊急事態につき諫言禁止」のお触れを無視し、他の主簿たちと諫言を行い仲良く全員逮捕。

賈逵は「私が主導しました!」と告げるや否や牢獄まで走っていき、枷をつけるのをためらった獄卒に「お前まで疑われるようになるんだから、さっさとわしに枷をつけろ」と急かしたとか。

後に取り調べの結果、賈逵は無罪復職になったのですが……本当暴走すると止まらんな、この人は。



その後、賈逵は劉備(リュウビ)との決戦に随行。先行して偵察を行い、その折に数十人の軍法違反者が連行されているのを目撃します。軍事状態が切迫してるから戦力が欲しいと感じ、賈逵は重罪人一人を除き免除して曹操に気に入られていますね。

のちに賈逵は諌議大夫(カンギタイフ:帝の諌止役の一人)となり、夏侯尚(カコウショウ)と共に軍事計画を立てるようになります。


曹操が洛陽(ラクヨウ)で崩御した際には、その葬儀は賈逵が取り仕切りました。

またこの時、曹操の息子である曹彰(ソウショウ)が「魏王の印綬はどこだ?」と明らかにヤバい質問をしましたが、賈逵は対して「世継ぎが他にいらっしゃるのに、あなたがその話を持ち出すべきではない」と一蹴。曹操の棺を曹丕(ソウヒ)がいる鄴(ギョウ)に移送したのです。


『魏略』によれば、この時「曹操様の喪は伏せよう」という声が大多数でしたが、賈逵は「そんな小賢しい手を使っても後でバレる」と一蹴。

さらに曹操に死によって勝手に故郷に帰ろうとする青州兵に対しても、討伐すべきという意見を退けて「この機会だ。好きにさせて労わるのが良いだろう」と、各地で食料を支給してやるように伝達しました。


スポンサーリンク



真の刺史




曹丕曹操の後を継ぐと、首都圏でありながら治安の安定しない鄴の県令を任せ、その一月ほどの地に魏郡(ギグン)太守に昇進させました。しかし曹丕の遠征時には、再び彼の主簿兼軍祭酒(グンサイシュ:いわゆる軍師的役割)として彼の元に復帰。

渡しを通行するときに軍列が大きく乱れたのを見ると、列を乱した兵士を即座に斬り捨てて軍列を再び整えます。


こうして南下し譙(ショウ)まで来ると、賈逵は今度は豫洲(ヨシュウ)の監査官である刺史に就任。治安と規律の乱れを指摘し、大身の官吏が犯した違反をすべて摘発。ことごとくを免職するよう上奏し、曹丕に「真の刺史とはこのことだ」と大いに賞賛され、関内侯(カンダイコウ)に取り立てられました。


また、呉との国境付近ではことごとく守りを固めて呉軍の侵攻を遮断。内政面でも堤防やダムを造ることで治水を徹底し、広大な運河を建造した記録画のこっています。


そして、黄初年間(というか実際には222~226)に行われた曹丕の遠征にも随行。


黄初3年(222)の侵攻では敵水軍が風で流されたのもあって、賈逵が属する戦線では局地的ながら大勝を飾っています。

この功績によって、賈逵は陽里亭侯(ヨウリテイコウ)に昇格し、武官としても建威将軍(ケンイショウグン)に昇進。祖父の予言はここに的中したのです。


続きを読む≫ 2018/09/25 14:07:25
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム サイトマップ
お問い合わせ