このエントリーをはてなブックマークに追加

文醜

 

 

 

生没年:?~ 建安5年(200)

 

所属:他

 

生まれ:?

 

 

 

 

今回記述を追っていくのは、袁紹(エンショウ)軍最強格の猛将のひとりである文醜(ブンシュウ)について。顔良(ガンリョウ)と共に2枚看板として恐れられ、敵からも恐れられた人物ですね。

 

彼が顔良と並んで袁紹軍のエースだったのは間違いないのですが、前後の活躍が省かれているのと、よりによって一回の戦いで完全敗北、討死という結末を迎えるまで顔良と一緒。

 

もうここまでくると、何かの運命を感じますね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

顔良と文醜はセットで名が出る?

 

 

 

細かいところはすでに顔良のページにも書き込んでいますが、文醜はとにかく顔良と2人でセットだったようで、だいたい官渡の戦い前後における評判は彼と一緒くたに語られているものが多いですね。

 

 

例えば曹操(ソウソウ)軍に身を置いている孔融(コウユウ)は武の体現者として「顔良、文醜は勇壮の士であり手強い」と述べていますし、それに対して荀彧(ジュンイク)が「1回戦えば捕縛できる匹夫の勇」と反論した時も一緒。

 

さらには袁紹軍の将帥にも顔良と2人で起用されており、やはり実力は顔良と互角、そして天下の軍のエースになれるだけの力を持っていたのはまず間違いないでしょう。

 

 

さて、そんな文醜の死に様ですが……相方の顔良が討ち取られた直後の戦い、よりによって顔良を殺した策の立案者である荀攸(ジュンユウ)によって、力を削ぎ落され丸裸になったところを討たれるという、相方とほぼ似たり寄ったりの討死を遂げるというものでした。

 

 

 

 

 

餌に飛びつく大魚

 

 

 

建安5年(200)、顔良が曹操軍の策に敗れ討死してから後の事。曹操軍は戦地となった白馬を放棄して住民を安全地帯に移住させるべく、軍を黄河伝いに西へと遡行。来るべき決戦に備えて官渡への撤退を始めました。

 

 

対する袁紹は大軍を連れた有利を最大限利用すべく、これを機会にすぐに前進。黄河を南に渡り、曹操軍を追って大軍を移動させ、曹操軍拠点のひとつである延津(エンシン)の南方すぐに砦を築いて、敵軍の圧迫を目論んでいたのです。

 

そして攻撃の準備が完了すると、ついに文醜は曹操軍との戦闘のために出陣。数千という騎兵を率い、副将としてついた劉備(リュウビ)と共に曹操の元へと進軍し、そのまま休息中だった曹操軍と対峙することになりました。

 

 

曹操軍はこの時、戦闘の予測が出来ていなかったのか、なんと休憩中であるばかりか、白馬から連れてきた輜重隊(シチョウタイ:輸送部隊)も付近をうろつくばかりという有り様。

 

もはや余裕の勝利を予感した文醜軍の騎馬隊は、手柄を求めて輸送隊に殺到。戦後の褒賞や出世を旨に、1人、また1人と輜重隊に突撃していったのです。

 

 

が、この時付近をうろついていた輜重隊は囮。そうとは知らない文醜の騎馬隊は次から次へと手柄を求めて駆け続け、次第に文醜の本隊は手薄に、そして陣容はどんどん乱れて満足に戦えない状態になりつつありました。

 

こうして動きを封じられた文醜の元に、待ってましたとばかりに曹操軍が文醜の本隊を狙って突撃を開始。成す術もなく文醜自慢の精鋭部隊は敗走し、文醜自身もこの戦いで討死し、袁紹軍の士気を大きく削ぎ落す結果になってしまったのでした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

余談

 

 

 

ちなみに三国志演義ではなんとか生きて撤退をはじめ、張遼(チョウリョウ)や徐晃(ジョコウ)といった1流どころを負傷させ追い返すも、追いすがってきた関羽(カンウ)にあっさり討ち取られるという最期を迎えたことになっています。

 

ここでは顔良と違って最強クラスの武将としての尊厳台無しなのですが……これでいいのか?

 

 

ちなみに正史では関羽は顔良を討ち取った後に曹操の元を去っており、当然ながら文醜もなんとか罠を切り抜けたという記述もありません。

 

兵士たちに群がられてそのまま討ち取られたのでしょうが……この戦いに参加していた徐晃、あるいは策を編み出した荀攸の部隊にそのまま殺されたという可能性が高いでしょうね。

 

 

ぶっちゃけ、文醜が有名になったのは片割れの顔良が有名になったあおり……なのかもしれません。何にしても、当時1流の武勇の持ち主というのは間違いないでしょうが。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

董卓
みんな大嫌い(?)、三国志随一のヤベー奴。思想、能力、方向性。すべてにおいて、儒教国家からすると猛毒ともいえる人物です。
李傕
性格破綻者とはまさにこの事。ヤバさでいえば董卓以上です。
郭汜
ウンコマン。
牛輔
董卓軍の時代のホープ……なんだよね? ねえ?
袁紹
迷族とかいろいろ言われていますが、正史の彼はむしろ果断の人……
袁術
今なお愛されている蜂蜜キング。
劉表
荊州の群雄として活躍していた清流派の皇族ですね。雑魚群雄のイメージはありますが、見てる限りなかなかにしたたか……
呂布
三国志でも最強の武人。しかし中国史には項羽とか言う化け物が上に居るんや・・・
張邈
曹操のマブダチだったのですが、曹操、袁紹の板挟みの末、突然の裏切り。曹操軍の黎明期を支えた最良の支援者は、憎むべき裏切り者として名を残すのでした。
陳宮
ちんこうだい。曹操アンチの史書や演義だと良アレンジされていますが、正史ではクソ野郎。
公孫瓚
イケメン白馬のアルティメットイナゴ。
陶謙
魏と呉で評価が随分違う人。というかこの人ブラック過ぎへん!?
張燕
黄巾の乱に便乗した盗賊が、いつしか黒山賊という大盗賊団を結成。そこのドンとして君臨し続けたトンデモ人物こそが、この張燕でした。
張繍
曹操にトラウマを植え付けた人物は複数いますが……彼もそんな人物の一人ですね。
劉璋
偉大な野心家である親父の残り香に振り回された、ちょっとかわいそうな人。
張角
三国志を作る遠因を作った張本人。彼によって引き起こされた大反乱こそが腐りきった漢という国にトドメを刺し、戦乱の幕開けになったのは間違いありません。
顔良
袁紹軍両翼のイケメンの方
郭図
三国志でも嫌われ度数はトップクラス。出ると負け軍師と言われるものの、微妙に政治的な都合が見え隠れするのであった。
田豊
クソ雑魚袁紹に仕えたばかりに残念な最期を遂げた悲劇の謀臣……と世間で言われてる人。
樊稠
董卓軍の良心?
華雄
ボルケーノ惨劇
蔡瑁
劉表のガチ参謀。本文での活躍が少なく、引用書籍からの記述が多いですが……
黄祖
孫家一門としのぎを削った宿敵枠。負けの記述しかないのが哀愁を誘う。
張任
演義では一流の部将。正史でも劉備に評価されますが……結局処刑されたからどんな人かわかりません。
張松
ネズミ―マウスな顔つきがなぜかしっくりくる人。
笮融
仏教を悪用したぐう畜生。正史の記述が事実なら、彼ほどのロクデナシは乱世と言えどもそうはいないでしょう。
禰衡
三国志の世界にも、頭のおかしい狂人はいるものです。禰衡は高名な名士でしたが、その名声に驕って他人を中傷しまくる毒舌芸人でもありました。
徐栄
アンジェリーナ・ジョエー
昌豨
お前曹操のこと死ぬほど嫌いだろ
眭固
派手な顔芸として知られる人物ですが……実際は地味な群雄。というかひとつのドタバタ劇の最終ランナー。

ホーム サイトマップ
お問い合わせ