張邈


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

張邈 孟卓

 

 

生没年:?~興平2年(195)

 

所属:他

 

生まれ:兗州東平郡寿張県

 

 

張邈(チョウバク)、字は孟卓(モウタク)。曹操(ソウソウ)の親友にして、黎明期の曹操軍中ではなくてはならない超重要人物……でした。

 

が、突然の裏切り。

 

呂布(リョフ)を迎え入れて反逆したことによって親友・曹操の敵に回り、そのまま哀れな最期を迎え、今なお裏切り者として界隈では嫌われています。

 

今回は、呂布伝に付伝された、彼の記述を見ていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

曹操のマブダチ

 

 

彼の若い頃の姿は、男伊達で鳴らす弱者の味方。家財を傾けてまで困窮者を保護しようとし、借金の取り立ても派手に行わなかったため、その姿勢が周囲の評判になって大勢の人が彼の元を訪れるほどでした。

 

 

さて、そんな張邈、実は曹操袁紹(エンショウ)といった、結構なボンボンの不良おぼっちゃまたちと大の仲良し。危地においてはお互い守り合う親友としての契りを結び、強固な絆で結ばれていました。

 

 

やがて張邈は、成績優秀者として朝廷に取り立てられて騎都尉(キトイ:コノエヘイチョウ)に就任。その後、董卓(トウタク)によって陳留(チンリュウ)太守に任命されましたが、やがて反董卓の連合を結成し挙兵。

 

名ばかりでやる気にイマイチ欠ける連合軍の中では珍しく戦意旺盛な群雄の一人として曹操を支援。敗北を喫しはしたものの、攻撃案を出す曹操に鮑信(ホウシン)と共に賛同し、部下の衛茲(エイジ)に兵を預けて攻撃軍に参加させる等、軍の作戦目標に貢献する姿勢を見せます。

 

 

また、袁紹が盟主として選ばれてから高慢な態度が目立つようになるを見て、「盟主らしい態度を」とド正論で諫言などもしたのですが……これが張邈の運命が狂っていく予兆となったのです。

 

 

 

 

 

袁紹曹操の板挟み

 

 

 

張邈の説教を聞いて、袁紹は大変不快がっておかんむり。後で曹操に対して「張邈を殺せ!」と怒りの形相で指図します。

 

が、曹操は逆に「張邈は俺の友人だ。今仲間割れをしている場合か」と張邈を庇い立て。これで張邈は命を救われ、曹操に感謝の念を抱くようになりますが……ここから、張邈は少しずつ運命に呑み込まれていくのです。

 

 

その因果を狂わせた大きな要因が、袁紹陣営から落ち延びてきた韓馥(カンフク)、および呂布の保護。張邈は袁紹本人から「さっさとぶっ殺したい」と思われるほど恨みを買っていた上、よりにもよってその袁紹と決裂した者を客人として扱ってしまったのです。

 

結局ある程度親密にしたのちに呂布は別の群雄の元へ移動、韓馥は勘違いから自滅して事なきを得ましたが……袁紹から張邈に向けられた目は、まさに敵対者に向けたそれでした。

 

 

この時、親友である曹操の立場は兗州刺史(エンシュウシシ)。つまり兗州を実質的に統治する立場です。対する張邈は、兗州の一部である陳留を守る身。すでに張邈は曹操の庇護下にあり、曹操も張邈を配下でなく親友として扱うなど特別な関係を築いていましたが、不安の種は尽きません。

 

 

その後もたびたび張邈を殺すよう曹操に訴えかける袁紹。強大な袁紹軍の風下という立ち位置を未だに抜け出しきれずにいる曹操。そして都合が悪いことに、弟の張超(チョウチョウ)は曹操が嫌いで仕方がないという有り様。

 

曹操は変わらず親友として接し、遠征帰りにはいい歳こいて抱き合って無事を喜びもしましたし、翌年の遠征に行く際も、万一の時には家族を頼まれました。

 

が、そこまで来てもなお、袁紹という強大な群雄に取り入るために、曹操が自分を売るという可能性は付きまとっていたのです。

 

 

そして曹操に代わらぬ友情をささげる一方でどこかに疑念が生じ始めたある時……ついに、張邈に運命の瞬間が訪れたのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

裏切り、そして……

 

 

 

興平元年(194)、領内が反乱により慌ただしくなった中、訪れたのは曹操の元参謀である陳宮(チンキュウ)と弟の張超。いずれも、早々に反旗を翻した反逆者たちでした。

 

つまり、張邈も反乱に加担させようと声をかけに来たのです。

 

 

張邈はこの誘いを一度は断りますが……陳宮の発したある言葉に、ついに迷いが生じ始めます。

 

 

「あなたは英雄の器をお持ちなのに、1配下に収まっておられる。これでよいのか。今、兗州は曹操が遠出してガラ空きの状態。呂布を迎え入れて曹操めを追い出したならば、あなたも英雄の一人として返り咲くこともできるのですぞ」

 

 

この言葉は、おそらく張邈の心に深く突き刺さったのでしょう。

 

張邈の両隣にいるのは、曹操袁紹という、いずれも名家に生まれながら己の才覚ひとつで時代に覇を唱える英雄。対して自分はそんな2人に挟まれながらも、その他大勢として2人の英雄の影におびえてる身。

 

 

結局張邈は、この反乱に加担。陳宮に兵を与え、曹操と敵対する道を選んだのです。曹操は張邈反乱の報告を一時期は信用しようとしませんでしたが……それだけに裏切られた絶望は大きかったのでしょう。

 

兗州の九割以上が味方に付き、戦いは張邈ら反乱軍の圧倒的優位に進みましたが……やがてイナゴの襲来によって食糧難に陥り休戦。勢いを失った反乱軍は一転してれ世に陥り、張邈は反袁紹派の巨頭である袁術に救援要請に向かいます。

 

しかし結局張邈は、袁術の元にたどり着くことができず反乱軍は敗走。張邈本人も、袁術の元に向かう途上に、財宝に目がくらんだ部下の裏切りで命を落としてしまったのです。

 

 

また城を守っていた張超も敗北し、張邈の一族も皆殺し。曹操に絶対の信頼を受けた男は、それを裏切ったことですべてを失ったのでした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

人物評

 

 

こんな情けないというかなんというか……何とも憐れな結末に終わった張邈の人生。当然と言えば当然かもしれませんが、後世の歴史家で彼を高く評価する人物は皆無と言ってもよいでしょう。

 

 

三国志を編纂した陳寿は彼を論外な人物として、総評でこのように述べています。

 

 

光武帝も裏切るような奴を重宝したことがあったが、曹操は張邈の本質を見抜くことができなかった。「人を正しく見て真価を見定めるのは真の知恵と言えるが、これは皇帝や英雄であっても困難な物だ」といわれているが、真理である。

 

 

また、鄭泰(テイタイ)という人物から「勉強漬けで書斎から出ることも稀だった」と言われており、どこか内向的で内々に不満や怒りを貯めこむタイプだったこともうかがえます。

 

こういう内向的で自己主張の少ない性格を陳宮に上手い事利用され、最後には暴走してしまったのではないでしょうか。

 

 

何にせよ、曹操の黎明期を支えた大事な親友という後世評価されるであろうポジションを捨てて、不安に押しつぶされ隠れた英雄願望を暴かれて、やぶれかぶれに反乱を起こした張邈。

 

曹操が勝つとわかっているのは、我々が見ているのは過去の歴史だからこそ。張邈からすると曹操袁紹にすら打ち勝ってしまう未来は信じられない物だったかもしれませんし、だからこそ仕方なしに裏切られて殺される未来を見てしまったのかもしれません。

 

 

一寸先は闇と言いますが……最後に一度判断を誤った結果、その辺の石ころ同然の歴史的価値しか与えられなかった張邈の運命は、ある意味選択の難しさを物語っているのかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

董卓
みんな大嫌い(?)、三国志随一のヤベー奴。思想、能力、方向性。すべてにおいて、儒教国家からすると猛毒ともいえる人物です。
李傕
性格破綻者とはまさにこの事。ヤバさでいえば董卓以上です。
郭汜
ウンコマン。
牛輔
董卓軍の時代のホープ……なんだよね? ねえ?
袁紹
迷族とかいろいろ言われていますが、正史の彼はむしろ果断の人……
袁術
今なお愛されている蜂蜜キング。
劉表
荊州の群雄として活躍していた清流派の皇族ですね。雑魚群雄のイメージはありますが、見てる限りなかなかにしたたか……
呂布
三国志でも最強の武人。しかし中国史には項羽とか言う化け物が上に居るんや・・・
陳宮
ちんこうだい。曹操アンチの史書や演義だと良アレンジされていますが、正史ではクソ野郎。
公孫瓚
イケメン白馬のアルティメットイナゴ。
陶謙
魏と呉で評価が随分違う人。というかこの人ブラック過ぎへん!?
張燕
黄巾の乱に便乗した盗賊が、いつしか黒山賊という大盗賊団を結成。そこのドンとして君臨し続けたトンデモ人物こそが、この張燕でした。
張繍
曹操にトラウマを植え付けた人物は複数いますが……彼もそんな人物の一人ですね。
劉璋
偉大な野心家である親父の残り香に振り回された、ちょっとかわいそうな人。
張角
三国志を作る遠因を作った張本人。彼によって引き起こされた大反乱こそが腐りきった漢という国にトドメを刺し、戦乱の幕開けになったのは間違いありません。
顔良
袁紹軍両翼のイケメンの方
文醜
袁紹軍両翼のブサメンの方
郭図
三国志でも嫌われ度数はトップクラス。出ると負け軍師と言われるものの、微妙に政治的な都合が見え隠れするのであった。
田豊
クソ雑魚袁紹に仕えたばかりに残念な最期を遂げた悲劇の謀臣……と世間で言われてる人。
樊稠
董卓軍の良心?
華雄
ボルケーノ惨劇
蔡瑁
劉表のガチ参謀。本文での活躍が少なく、引用書籍からの記述が多いですが……
黄祖
孫家一門としのぎを削った宿敵枠。負けの記述しかないのが哀愁を誘う。
張任
演義では一流の部将。正史でも劉備に評価されますが……結局処刑されたからどんな人かわかりません。
張松
ネズミ―マウスな顔つきがなぜかしっくりくる人。
笮融
仏教を悪用したぐう畜生。正史の記述が事実なら、彼ほどのロクデナシは乱世と言えどもそうはいないでしょう。
禰衡
三国志の世界にも、頭のおかしい狂人はいるものです。禰衡は高名な名士でしたが、その名声に驕って他人を中傷しまくる毒舌芸人でもありました。
徐栄
アンジェリーナ・ジョエー
昌豨
お前曹操のこと死ぬほど嫌いだろ
眭固
派手な顔芸として知られる人物ですが……実際は地味な群雄。というかひとつのドタバタ劇の最終ランナー。

ホーム サイトマップ
お問い合わせ